さて私が今回ANAアメックスから「プラチナカード」に変えた理由は、ステータスでも夜のお店でモテたい訳でも無く“海外旅行に行く”からです。

英語が全く使えない私に取っては、海外でも日本語で問い合わせが出来るデスクや、保険、空港でラウンジを同伴者も一緒に無料使用できるなどの特典は年会費を考えても非常にメリットを感じたからです。

でも本当にそれだけなのか?

まてよ・・・・

プラチナ・コンシェルジェ・デスク

があるじゃないか!
※ずっと「コンシェルジュ」だと思ってましたが、「コンシェルジェ」が正しいみたいですね。。。。
普段、「yoyaQ.com」や「楽天トラベル」で1円でも安いホテルを探している私ですが、せっかくなのでデスクにお金持ち気取りで問い合わせしてみました。

私「ちょっとシンガポールに行くんだけど、マリーナエリアの○○ホテルの部屋を取って!」

と、かなりざっくりした質問を午前3時に行いました。(社畜なんです(;つД`) )
どうやら、夜間はデスクも手薄らしく国内担当の方が出られ、「調べて折り返します」とのこと。

さすがに、私も眠いので翌日お昼にかけ直して貰う約束をしてその日は電話を置きました。

その日は休みだったので、エクスペディアやら何やらで私は最安値を朝からチェックし万全の体制で電話を待ちました。

そしてその時が来た・・・

「見せて貰おうかプラチナ・コンシェルジェ・デスクの性能とやらを・・・」

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事